太宰治(だざいおさむ)生誕110年

太宰治 生誕110年まであと 244

イベントカレンダーevent calender

読み込み中... 読み込み中...

太宰治の生涯

神童と呼ばれ、東京大学進学。
4回の自殺未遂、太宰治の波乱の人生

1909年(明治42年)6月19日、青森県北津軽郡金木村(現在の五所川原市)に、県下有数の大地主の六男として生まれる。17歳頃から小説を書き始め、のちに「走れメロス」「斜陽」「人間失格」などの作品を発表。1948年(昭和23年)死去。

生家(津島家)である「斜陽館」は現在、国の重要文化財に指定されています。 小さなころから神童と呼ばれ、東京大学進学、4回の自殺未遂。 ベストセラー作品を生み出した、太宰治の波乱の人生をご紹介します。

「太宰治」ゆかりの地を巡る文学散歩

熱烈なファンも多い太宰治。「走れメロス」や「人間失格」など太宰治の作品は、出身地である青森で誕生したものも少なくありません。太宰治を育てた地を訪れる文学散歩の旅へ出てみませんか。

「太宰治」ゆかりの地 太宰治の出身地である青森で文学散歩 太宰の生涯に触れるころができる太宰治記念館「斜陽館(しゃようかん)」 青森で誕生した「走れメロス」や「人間失格」などの太宰治の作品

SNSでも情報発信中

Instagram