太宰ゆかりの地connection

熱烈なファンも多い太宰治。「走れメロス」や「人間失格」など太宰治の作品は、出身地である青森で誕生したものも少なくありません。太宰治を育てた地を訪れる文学散歩の旅へ出てみませんか。

太宰治記念館「斜陽館」

斜陽館

明治40年(1907年)、太宰治の父・津島源右衛門によって建てられた豪邸です。和洋折衷・入母屋造りの建物は、米蔵にいたるまで青森ひばが使用され、どっしりした重厚感が特徴となっています。

太宰治疎開の家(旧津島家新座敷)

大正11年(1922年)、太宰の兄・文治夫婦の新居として建てられました。津島家では新座敷と呼ばれ、斜陽館と同じ和洋折衷の重厚な建物となっています。

喫茶店「駅舎」(芦野公園駅旧駅舎)

太宰治の小説「津軽」に書かれている駅舎がこの芦野公園駅旧駅舎です。この駅舎は、昭和5年(1930年)に作られ津軽鉄道芦野公園駅として使われていました。この辺りは太宰が小さいころに遊んでいた場所です。

芦野公園 太宰治文学碑

太宰治が愛誦していたヴェルレーヌの詩の一節「撰ばれてあることの恍惚と不安と二つわれにあり」と記され、最上部には太宰の生まれ変わりを意味する不死鳥が刻まれた碑です。

雲祥寺

雲祥寺

太宰治の生家「斜陽館」から近く、太宰の子守だったタケの菩提寺であり、幼少期の太宰はタケに連れられよくこの寺に遊びにきていました。

太宰治「思ひ出」の蔵

太宰治が「生みの母よりも、この叔母を慕っていた」という、叔母きゑ一家が金木の津島家から分家した際に建てられた家の隣には蔵が建っていました。太宰もよく小中学校の頃にきゑ一家のところに立ち寄っていました。

旧傍島家(かなぎ元気村「かだるべぇ」)

太宰治の生家 津島家とゆかりのある旧傍島(そばじま)家は現在、かなぎ元気村『かだるべぇ』としてリフォームされ、青森県五所川原市金木地区の昔ながらの生活や文化、地域の伝統技術や自然環境を都市農村交流、世代間交流など様々な体験ができる交流施設となっています。

小説「津軽」の像記念館

太宰治と子守のタケが、数十年振りの再開をした場所です。「津軽」のラストシーンを具象化した像が敷地内に建てられ、小説「津軽」にまつわるものを展示する記念館となっています。

太宰治まなびの家(旧藤田家住宅)

旧藤田家住宅

太宰治が官立弘前高等学校(弘前大学の前身)在学期間中の昭和2年(1927年)4月から昭和5年(1930年)3月までの約3年間下宿していたのがこの旧藤田家住宅です。

常光寺・下宿跡

この常光寺は、棟方志功の菩提寺でした。太宰は青森中学校時代、寺の境内で体を鍛えていたそうです。

龍飛岬観光案内所

太宰治が「津軽」執筆の折、親友N(中村貞次郎)君と泊まった宿「旧奥谷旅館」で、平成20年(2008年)4月より「龍飛岬観光案内所」として活用されている施設です。

蟹田観瀾山太宰治文学碑

観瀾山は太宰治が「津軽」執筆時にN君(中村貞次郎氏)たちと登った山です。山頂からは、蟹田町や陸奥湾が見下ろせ、天気がいい日には下北半島の仏ヶ浦が見えることもあります。

旧秋田屋旅館(太宰の宿 ふかうら文学館)

太宰治がかつて宿泊し、小説「津軽」にも登場した旧秋田屋旅館を改築した施設です。館内には実際に太宰が宿泊した当時の部屋が再現されています。

Googleマップ