喫茶店「駅舎」(芦野公園駅旧駅舎)

喫茶店「駅舎」(芦野公園駅旧駅舎)

 太宰治の小説「津軽」に書かれている駅舎がこの芦野公園駅旧駅舎です。この駅舎は、昭和5年(1930年)に作られ津軽鉄道芦野公園駅として使われていました。この辺りは太宰が小さいころに遊んでいた場所です。
 現在は喫茶店「駅舎」として利用され、太宰が通っていたという弘前市の珈琲屋「万茶ン」オリジナルブレンドコーヒーや金木の特産馬肉料理を食べることができます。
 平成26年(2014年)12月に国登録有形文化財に登録されました。

住所 〒037-0202 青森県五所川原市金木町芦野84-171
TEL 0173-52-3398
アクセス 津軽鉄道芦野公園駅より徒歩1分
開館時間 10:00~17:00(ラストオーダー16:30)
休館日 水曜日、12月29日
URL http://wandono-ekisya.com/
facebook https://www.facebook.com/wandono.ekisya/

Googleマップ