旧傍島家(かなぎ元気村「かだるべぇ」)

旧傍島家

 太宰治の生家 津島家とゆかりのある旧傍島(そばじま)家は現在、かなぎ元気村『かだるべぇ』としてリフォームされ、青森県五所川原市金木地区の昔ながらの生活や文化、地域の伝統技術や自然環境を都市農村交流、世代間交流など様々な体験ができる交流施設となっています。
 古民家カフェ「茶房 鄙家(ひなや)」を併設し、自然茶と田舎スイーツのセットメニュー等を提供しています。
 「かだるべぇ」は、津軽弁で「一緒にやりましょう」「一緒に語りましょう」という意味です。

傍島家とは?

津軽藩祖為信公の家臣にして、為信津軽統一の平定作戦には各地の城攻に軍忠を尽くし、慶長5年9月の関ヶ原の戦いに徳川方に味方した為信に従った傍島正澄は、大垣城攻略に際し際立った軍功をあげている。傍島家はその後、幕末に亘り津軽藩の学者として学問所を預かり、代々文武両道をもって津軽藩に尽くした家柄である。(『金木郷土史』より)

 旧傍島家は、太宰治の叔母きゑの娘フミが嫁いだ家です。フミの夫「傍島正守」は、太宰治の小学校時代の恩師であり、よき理解者で太宰治の文才をいち早く見抜いた人でした。傍島家は親子二代にわたり、津島家の身代や源右衛門氏と長男文治氏の政治活動を支え、津島家が創設した金木銀行頭取としても地域経済の振興に尽力しました。
 旧傍島家住宅は明治4年(1871年)に建築され、旧津島家住宅(太宰治記念館「斜陽館」)よりもさらに古い建物で、旧津島家とは姻戚関係があることから、文化的価値が高い建物となっています。

旧傍島家
旧傍島家
旧傍島家
住所 〒037-0207 青森県五所川原市金木町蒔田桑元39-2
TEL 0173-52-2882
FAX 0173-52-2892
開館時間 10:00~17:00
入館料 なし
休館日 水曜日
12月~3月
URL http://www.kanagi-gc.net/village/dazaiandsobajima.html
facebook https://www.facebook.com/kadarube/a>

Googleマップ