太宰治の生涯lifetime

神童と呼ばれ、東京大学進学。
4回の自殺未遂など太宰治の波乱の人生

太宰治の本名は、津島修治といいます。
青森県北津軽郡金木村(現五所川原市金木町)、大地主の家に明治42年(1909年)に生まれました。父親が地主と衆議院議員をつとめ、地元の人は「金木の殿様」と呼び、長者番付で青森県内4位に入る人物でした。

家には使用人を加え30人あまりと同居し、この生家(津島家)「斜陽館」は現在、国の重要文化財に指定されています。

小さなころから神童と呼ばれ、東京大学進学、4回の自殺未遂。
「走れメロス」「津軽」「人間失格」「斜陽」などの数多くのベストセラー作品を生み出した、太宰治の波乱の人生とはどんなものだったのでしょうか?

太宰治略年譜

1909年(明治42年) / 0歳

6月19日、父源右衛門・母たねの6男として金木村に生まれる。本名修治。たねが病弱のため、生まれてすぐ乳母につく。乳母の去った後、同居の叔母きゑに育てられ、満2歳から6歳まで小作人の娘タケが子守を務める。

1916年(大正5年) / 7歳

金木第一尋常小学校に入学。在学中全甲首席を通し、総代を務めた。

1922年(大正11年) / 13歳

尋常小学校卒業後、父の意向で学力補充のため同村の明治高等小学校に1年間通学。

1923年(大正12年) / 14歳

  • 3月、東京の病院で父急逝(52歳)。
  • 4月、県立青森中学校に入学、親戚の豊田太左衛門方に下宿し、通学。在学中、成績も良く級長を務める。

1925年(大正14年) / 16歳

  • 3月、「校友会誌」に最初の創作『最後の太閤』を発表。
  • 11月、文学仲間を集めて同人雑誌「蜃気楼」を創刊、編集兼発行人となる。この頃から芥川龍之介に憧れ、作家志望を思い立つ。

1927年(昭和2) / 18歳

青森中学4年修了で官立弘前高等学校文科甲類に入学。親戚の藤田豊三郎方に下宿。

1928年(昭和3年) / 19歳

5月、同期生上田重彦(後の石上玄一郎)の創作に刺激されて同人雑誌「細胞文芸」を創刊、本格的な創作活動に入る。

1929年(昭和4年) / 20歳

12月、2学期の期末試験の前夜、カルモチンを多量に飲んで自殺未遂事件を起こす。

1930年(昭和5年) / 21歳

  • 4月、東京帝国大学仏文科に入学。5月、井伏鱒二を訪ね、以後永く師事する。
  • 11月、鎌倉で薬物心中を図り、女は絶命、太宰は助かる。
  • 12月、碇ヶ関の柴田旅館で小山初代と仮祝言を挙げる。

1933年(昭和8年) / 24歳

2月、「サンデー東奥」に <太宰治>の筆名で『列車』を発表。以後、<太宰治>を用いる。『魚服記』『思ひ出』が好評を得る。

1935年(昭和10年) / 26歳

  • 3月、大学卒業は絶望、都新聞社の入社試験にも失敗。単身鎌倉に行き、鎌倉山で縊死を図り未遂に終わる。
  • 8月、『逆行』が第1回芥川賞候補に上るが受賞を逸する。
  • 9月、授業料未納により東京帝国大除籍。
  • 10月、芥川賞の選考を巡って選考委員・川端康成との間に応酬があった。

1936年(昭和11年) / 27歳

  • 第3回芥川賞の選考を巡って選考委員の佐藤春夫との間に応酬あり。
  • 10~11月、井伏らの勧めで武蔵野病院に慣性パビナール中毒症治療のため入院。

1937年(昭和12年) / 28歳

  • 3月、初代の過失を知り、谷川温泉の山麓で初代とカルモチンによる心中を図るが未遂に終わる。
  • 6月、初代と離別。

1938年(昭和13年) / 29歳

  • 7月、井伏を通じて縁談が持ち込まれ、これを契機に明るい作風への転換を図る。
  • 9月、井伏の仲介で甲府の石原美知子と見合いする。

1939年(昭和14年) / 30歳

  • 1月、東京の井伏家で簡素な結婚式を挙げ、甲府市御崎町の新居に入る。
  • 9月、甲府を引払い、東京府北多摩郡三鷹村(現・東京都三鷹市)下連雀に移転。

1941年(昭和16年) / 32歳

8月、生母たねを見舞うために10年ぶりに帰郷。

1942年(昭和17年) / 33歳

  • 10月下旬、生母たね重態のため妻子同伴で帰郷。
  • 12月、生母危篤の報に接し単身帰郷。同月10日、生母たね逝去(69歳)。

1944年(昭和19年) / 35歳

新風土記叢書『津軽』の取材のため、5月12日から6月5日にかけて津軽地方を旅行する。

1945年(昭和20年) / 36歳

7月下旬、妻子とともに津軽の生家に疎開、敗戦を郷里で迎える。

1946年(昭和21年) / 37歳

  • 7月、祖母いし逝去(89歳)。
  • 11月、疎開を切り上げて上京。

1947年(昭和22年) / 38歳

2月、小田原の大雄山荘に太田静子を訪ね5日間滞在、その直後から『斜陽』を起稿、
 6月末に脱稿。『斜陽』はベストセラーとなる。

1948年(昭和23年) / 39歳

  • 3月、体調が悪い中、栄養剤を注射しながら『人間失格』に取りかかり、仕事場を転々としながら5月に書き終える。連載エッセー『如是我聞』を発表して志賀直哉に挑戦する。
  • 5月、「朝日新聞」の連載小説『グッド・バイ』を起稿。
  • 6月13日、山崎富栄とともに玉川上水に入水。奇しくも39歳の誕生日に当たる6月19日
     早朝に遺体が発見され、三鷹の禅林寺に葬られる。

※青森県近代文学館発行の図録『太宰治』(平成7年10月)の「太宰治略年譜」(相馬正一執筆)をもとに作成。